めいふつ天むすの千寿/三重県津市大門にある「天むす発祥」のお店

店名 めいふつ「天むすの千寿」
TEL 059-228-6798
住所 三重県津市大門9-7
営業時間 9:30~17:30
(但し、注文は17:00までの承り)
定休日 毎週日曜、第3月曜
URL http://www.gansotenmusu.com/

2020年11月9日現在の情報です。

スタッフのグルメレポート

こんにちは!
家住楽気(やすらぎ)の酒井です。

さて、今回は今では全国的に有名な「天むす」の発祥のお店である三重県津市大門にある「めいふつ天むすの千寿」さんのご紹介です!


こちらが「めいふつ天むすの千寿」さん。

ところで。。。

みなさま、きっと最初に思ったことありますよね。。。

かく言う私も正直そうでした。。。

そうなんです!
天むすは「名古屋めし」と思われている方が大半かと思いますが、実は違うんです!

天むすの発祥は、ここ「めいふつ天むすの千寿」さんが最初だったんです!


そう言われると、どこか看板からも発祥の老舗といった迫力が出ている気もしてきます!

そしてもう一つ。
「めいふつ」。
これ、間違いではありません。

元は天ぷら定食のお店でしたが、評判は良かったものの常連客向けの裏メニューでしかなかった「天むす」一本で勝負していこうと決めた初代・水谷ヨネ氏が、「これを名物に育てる」という決意を込め、あえて濁点を取って名付けたのが「めいふつ」の始まり。
いつか日本中の皆様に「めいぶつ」として親しんでいただけるよう頑張っていくという決意と向上心の表現したのがこの濁点のない「めいふつ」なんですね!

そんな決意の塊とも言える千寿さんの天むすといよいよ初対面です!


元祖と銘打たれたのし紙以外は至って普通の外観。

一枚めくってみると、さらに包装。


ただ、この包装紙、よく見ると何やら細かい文字が書き込まれています。

細かい字で良く見えないので近づいてみると。。。


なんと津音頭の歌詞が!

なんて。。。
失礼ながら全然しらない。。。津音頭。

ちょっと調べてみるとちょっと驚きの結果が!

津音頭は、昭和39年に津市政75周年を記念して作られたそうで、作詞作曲は、初期の美空ひばりのヒット曲を数多く手掛けたことでも有名な米山正男氏、歌唱は、演歌の大御所・北島三郎さんと五月みどりさんのデュエットとういう豪勢な面々!
今や津祭り市民総踊りや地域の盆踊りでは必ず使われるので、津市民で知らぬものはいないほど広く知れ渡ているそうです。

勉強になりました!

と、いうことで、本題の天むすへ!


??

おにぎり?

天むすの花形、えび天はいずこへ?


ありました!
なんとご飯の中にインされていたんですね!
何ともにくい演出ですね!

ここらで千寿さんの「めいふつ天むす」について講釈をおひとつ。

『昭和34年、津市大門伏見通りで天ぷら定食の店を営んでいた初代・水谷ヨネは、忙しくて昼食を作る暇もありませんでした。
しかし、せめて夫には栄養にあるものをと車エビの天ぷらを切っておむすびの中に入れ出したところ「これはおいしい」と喜び、
いろいろと苦労を重ねて味付法を生み出し「天むす」の誕生となりました。』(天むすの千寿公式HPから引用)

つまりは、ご主人への愛情が生み出した偶然の一品だったということなんですね!
やはり料理には心が大切ってことですよね!

「料理は愛情!」って料理研究家の結城貢先生や「人の心を感動させることが出来るのは、人の心だけなのだ」と美食倶楽部主宰の
海原雄山先生もそうおっしゃってましたから。。。

そんな「千寿」さんの天むす。家庭では再現できないといわれる絶妙な塩加減がたまらなく美味です!
もちろん、それ以外の材料も深く吟味されており、シンプルだからこそ奥が深いといった味の世界を具現化しているかのようです。

そんな千寿さんのこだわりはここでは紹介しきれないので、千寿さんの公式HPでご確認いただければと思います!

ただ、最後にもうひとつ。


いまや天むすの付合せとしてはずすことのできない、当初から変わらない味付けというこの「きゃらぶき」。
お味の方はもはや言うまでもありませんね。

以上、「天むす」の発祥のお店である三重県津市大門にある「めいふつ天むすの千寿」さんのご紹介でした!

 

~里山倶楽部は、関西の田舎暮らしに最適な古民家・中古別荘・中古ログハウスの物件をご紹介する
田舎暮らし物件専門の不動産会社、家住楽気(やすらぎ)が運営する田舎暮らしの総合情報サイトです。~

合同会社家住楽気(免許番号:大阪府(1)第61607号)
TEL 06-6210-7035 FAX06-6210-7036
https://www.yasuragi-inakagurasi.co.jp
 
 

関連記事

  1. 美山町和泉交差点そばの茅葺き古民家「旅籠つるや」さん!

  2. 茅葺古民家カフェ「Cafe Genten(ゲンテン)」/猫に癒される丹波市青垣町の古民家カフェ

  3. 天野和み処 Cafe 客殿/世界遺産「丹生都比売(にうつひめ)神社」にほど近い古民家カフェ

  4. そば処「まる榮」/ボリューム満点の名物かつ丼が楽しめる大阪日本橋でんでんタウンの老舗そば屋

  5. 正月堂 修正会(しゅしょうえ)/東大寺二月堂のお水取りに先駆けて行われる古蜜教の古儀式

  6. 十割そば、ジビエ料理「もく庵 」/南丹市美山町にある無農薬有機野菜と十割そばの古民家レストラン

  1. 安田ビル/大阪市西区京町堀にある昭和レトロなテナントビル

    2021.04.11

  2. 美方郡香美町小代区鍛冶屋「鉢伏山を望む眺望良好の古民家」【商談…

    2021.04.03

  3. 山梨県北杜市白州町白須「森に囲まれた隠れ家的ログハウス」【980万…

    2021.04.03

  4. 江戸堀コダマビル(旧児玉竹次郎邸)/大阪市西区江戸堀にある昭和…

    2021.04.02

  5. 大阪市庁舎(大阪市役所)/近畿地方の最大の都市大阪市の市政を担…

    2021.03.13

  1. 大阪府河内長野市美加の台「吹抜と掘りごたつのある和モダンな日本…

    2020.11.05

  2. 山梨県北杜市白州町白須「森に囲まれた隠れ家的ログハウス」【980万…

    2021.04.03

  3. 美方郡香美町小代区鍛冶屋「鉢伏山を望む眺望良好の古民家」【商談…

    2021.04.03