中華そば しま彰/紀の川市貴志川町にある豚骨の旨味が絶品の和歌山ラーメン店

店名 中華そば しま彰
TEL 0736-64-0710
住所 和歌山県紀の川市貴志川町長原102
営業時間 11:00~13:15
17:30~19:00
定休日 火曜日
URL

2020年8月5日現在の情報です。

スタッフのグルメレポート

こんにちは!
家住楽気(やすらぎ)の酒井です。

さて、本日はねこ駅長が勤務する駅として有名な和歌山電鐵貴志川駅の近くにある和歌山ラーメンの名店、
中華そばしま彰さんにお邪魔しました!


三角屋根の洋風な外観に、和風テイスト溢れる暖簾がかかる何とも特徴のある風貌です!

なんて眺めていると、店の前にはすでに車が。。。

時にして、まだ11時ちょっと前。
人気の名店と聞いていたので、11時よりも気持ち早めに来たはずなのに。。。

どうも普段からちょっと早めにオープンされるようでした。。。

先のお客さんもいらっしゃったのですが、ギリギリで滑り込みセーフ!
何とか待たずにお店に入れました!


店内はと言いますと。。。
ご覧の通り、結構ミニマムな感じ。

それもそのはず、席数はカウンターを含めて12席のみ。
4人掛けのお座敷は1個だけなので、小さいお子様がいらっしゃるご家族連れは要注意です!

そんなしま彰さん、2012年創業ということで、決して老舗ってわけではないのですが、注目度はご覧のとおり!


こちらが1冊目。

で、


こちらが2冊目。

と、

ラーメン専門のメディアにも複数取り上げられていました!

それもそのはず!
こちら、しま彰さん、創業までの経緯が面白い!

実は、オーナーの稲垣さん、前職はなんと公務員だったんです!
安定した仕事にもかかわらず、日に日に膨れ上がる「ラーメン屋になりたい」という熱意が抑えきれず、
知る人ぞ知る和歌山ラーメンの超激レア名店『うらしま食堂』さんに弟子入り!

その熱意の結晶が、独立開業、そして『ラーメンWalkerフランプリ2013』和歌山新人賞受賞と相成ったわけですね!

そんなしま彰さんは、こだわりのお店ならではのシンプルなメニュー!


一番オーソドックスな中華そば500円也。

めっちゃ安!

このクラスの名店でこの価格は、少なくとも大阪ではほぼ考えられない価格!
一番お高いダブル特盛中華そばですら800円也ですから、なんとも驚きのコストパフォーマンスですね!

そんなところに驚嘆しながらも、いよいよ実食に参りたいと思います!

今回注文したのはこちら!


特盛中華そば700円也です!
濃厚そうなスープには、麺のほかチャーシューとメンマとネギのみがトッピング。

こちらは特盛なのでトッピングの量が多いですが、一番シンプルな中華そばだとこんな感じです!


これでなんと500円也!
しつこいようですが、コストパフォーマンス半端ないですね!


こちらが強火で2時間、弱火で約10時間グツグツと煮込んだしま彰さんご自慢のとんこつ100%のこってりスープ!

スープはやや少な目ですが、これがまた丁度いい!
濃厚ながらも豚骨の旨味とまろやかな醤油のコクと香りが広がるなんとも美味しいスープが麺にしっかりと絡みます!
この醤油ベースの豚骨スープは、まさに和歌山ラーメンを彷彿させる逸品です!

そして続いては麺!


地元宮本製麺所から取り寄せた特製の細めのストレート麺です!

茹で加減はやや硬めに仕上げられており、これが絶妙な歯ごたえとなって美味!
硬めの麺がお好みの方にはぜひともお試しいただきたい抜群の歯ごたえです!

そして最後はチャーシュー!


ひとつひとつはやや小さめながらもその分肉厚にカットされたチャーシューはまるで豚の角煮のような触感!

とろりと柔らかくしっかりとした味付けなのにクセのない仕上がりでこれまた美味!
ちなみに、そんな美味しい特製のチャーシュー、単品でお持ち帰り販売が可能でした!

名店で修業したから、賞を受賞したから。
そんなんではありません。
単純に一言、美味しい。

和歌山ラーメンを愛する店主が日々精進して作り上げる一杯の和歌山ラーメン。
シンプルだからこそ飽きない、また食べたくなる一杯。

以上、紀の川市貴志川町にある豚骨の旨味が絶品の和歌山ラーメン店、中華そば しま彰さんのご紹介でした!

 

~里山倶楽部は、関西の田舎暮らしに最適な古民家・中古別荘・中古ログハウスの物件をご紹介する
田舎暮らし物件専門の不動産会社、家住楽気(やすらぎ)が運営する田舎暮らしの総合情報サイトです。~

合同会社家住楽気(免許番号:大阪府(1)第61607号)
TEL 06-6210-7035 FAX06-6210-7036
https://www.yasuragi-inakagurasi.co.jp

関連記事

  1. 不思議なお味!牛蒡(ごぼう)茶いただきました!

  2. 伊達屋「仙台炭火たん焼き」/大阪駅前第一ビルの仙台直送厚切り牛タンのお店

  3. 消防ポンプの歴史!大津市役所にて。

  4. モクセイ/福島区吉野にひっそりとたたずむ手作りケーキの古民家カフェ

  5. 山中のテーマパーク!京都るり渓温泉!

  6. 道の駅くしがきの里/かつらぎ町の特産品かつ秋の風物詩「串柿」を由来とする道の駅