上方レインボー/味変する加里ラーメンが絶品の大阪市天王寺区のラーメン専門店!

店名 上方レインボー
TEL 06-7708-2669
住所 大阪府大阪市天王寺区勝山4-6-3
営業時間 11:00~14:30
18:00~21:30
定休日 木曜日
URL https://twitter.com/kamigatareinbou

2020年7月24日現在の情報です。

スタッフのグルメレポート

こんにちは!
家住楽気(やすらぎ)の酒井です。

さて、本日は2020年2月24日にオープンしたばかりのまだ真新しいラーメン専門店、上方レインボーさんのご紹介です!

で、

早速ですが、最初に驚くのはこの店構え。

看板がない。。。

もちろん付け忘れ、ではありません。

これでお店として完成しております。

なので、初めての来店の際には気が付かないかもしれませんね!

かく言う私は気づきませんでしたから。。。

で、

なぜ今回まだ出来たてホヤホヤといっても過言ではない新店のラーメン屋さんを訪れたかと言いますと、

ご覧の通り!

開店間もなくしてこの注目度!

と言うのも、実はこの上方レインボーさん、大阪を代表するラーメン店である「カドヤ食堂」で7年間も修業をされたオーナーが独立して出店されたお店なんです!
なので、否が応でもラーメン愛好家の方からは注目を集めてしまうってことなんです!

ちなみに、私はただの野次馬根性での来店でしたがね。。。

ところで、上方レインボーってなとてもラーメン屋さんとは思えないネーミング。。。

まさかのこれにインスピレーション?

。。。なんてことはもちろんないですよね!

お客さま用の傘を七色のレインボー色にするという遊び心が面白いですねってな感じで関心しつつ、結局何ゆえの上方レインボーなのか?

などと思いつつ、メニューを拝見!

上方レインボーさんのメニューはこれだけ。
とてもシンプルでわかりやすいです。

この3つはいずれもかなりハイレベルなラーメンなのだそうですが、カレー好きの私が選んだのはやはりこちら!

そうです!
絶品の加里ラーメンです!

いかにもスパイシーな雰囲気の漂う茶褐色の液体の上に鎮座する「の」の字のナルトが何とも可愛らしい!

そして肩ロース肉の叉焼(チャーシュー)!
しっかりとした味付けと歯ごたえが良い感じ!

そして、残念ながらのピンボケではありますが、この通りしゃっきりと仕上がった麺!
ちなにみ、この麺は国産小麦の「春よ恋」の全粒粉を加えた加里ラーメン専用の自家製麺なんだそうです!

ひとつひとつの材料を吟味して完成されたこの加里ラーメン。
やはり美味しさのポイントは紛れもなくスープでした。

生姜とニンニクの風味がわずかに薫る魚介の出汁の旨みとスパイスの効いたスープはあっさりながらもパンチの効いたクセになるお味。

ただ、実はこれ、第一弾に過ぎません!

そのあと、徐々に味に慣れたところで、器の奥にのそっと乗っているカレーペーストをスープに溶かし込んで行きます。
さらりとあっさりした今までのスープがコクのあるトロットした濃厚なしっかり味のカレースープに早変わりするではありませんか!

まさに一粒で二度おいしいの「アーモンドグリコ」!

ではなく、一杯で二度おいしいの加里ラーメン!

一度お試しあれ!

で、

こちらは、ごはんものの玉子かけご飯!
香川県産アローカナ卵を使用しているという、こちらもこだわりの一品!

なぜこれがと言いますと、
スタッフのお兄さんにおススメされました!

なかなか商売もお上手ですね!

次回はこちらの醤油ラーメンを試してみたいと思います!

以上、味変する加里ラーメンが絶品の大阪市天王寺区のラーメン専門店、上方レインボーさんのご紹介でした!

 

~里山倶楽部は、関西の田舎暮らしに最適な古民家・中古別荘・中古ログハウスの物件をご紹介する
田舎暮らし物件専門の不動産会社、家住楽気(やすらぎ)が運営する田舎暮らしの総合情報サイトです。~

合同会社家住楽気(免許番号:大阪府(1)第61607号)
TEL 06-6210-7035 FAX06-6210-7036
https://www.yasuragi-inakagurasi.co.jp

関連記事

  1. 恋多き歌人。平安時代を代表する女流歌人「和泉式部」のお墓を参る。

  2. 古民家的ジャパニーズアンティーク!その2

  3. キリン一番搾りの「こだわり体験スペシャルキット」を体験しました!

  4. 肉炉端 ROBERT/なんばCITY南館にある野菜巻き串が人気の肉バル炉端

  5. 子どもと家族の笑顔をつくるランドセル!「鞄工房山本」さんのご紹介!

  6. 道の駅紀の川万葉の里/万葉集に15首も読まれた妹山・背山を望む道の駅

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。