地中海の雰囲気をリアルに表現!異国情緒あふれる志摩地中海村のご紹介!

店名 志摩地中海村
TEL 0599-52-1226
住所 三重県志摩市浜島町迫子2619番地1
営業時間 下記URL参照
定休日 下記URL参照
URL https://www.puebloamigo.jp/

2018年5月4日現在の情報です。

スタッフの訪問日誌

こんんちは!
家住楽気(やすらぎ)の酒井です。

さて、本日は、地中海の雰囲気がリアルに表現された白い街並みが印象的な異国情緒あふれる志摩地中海村のご紹介です!


早速ですが、入り口付近にしてすでに異国情緒たっぷり!
南仏プロヴァンス風の白い壁と薄オレンジ色の洋瓦が青空に映えるといった、伊勢志摩にいながら地中海の雰囲気を体験できる場所なんです!

ちなみに、志摩地中海村とは、「日本の夕陽百選」にも選ばれたリアス海岸で有名な英虞湾(あご)湾の豊かな自然に囲まれた、約10,000坪もの広大な敷地を誇る伊勢志摩半島にあるリゾート施設。

異国情緒あふれるおしゃれな建物や街並みは、すべて本場スペインの設計士が細部にまでこだわってデザインしたもので、しかも何と施設内にあるそのお家はすべて宿泊施設なんだそうです!

では、うんちくはこのくらいにして、早速リアリティあふれる地中海の街並みを散策してみたいと思います!


まずは、エントランスを入ってすぐに目に付く円形の噴水広場。
建物の豪華さに比べるといささかマーライオン的な印象を受ける噴水。。。

そんな噴水広場がほとんどのエリアへの中心的な場所。


そのため噴水広場には、レストランやマリーナ、カフェなどの案内板もご覧の通り設置されています!

そんな志摩地中海村の大まかな敷地はこんな感じ!

まずは、噴水広場から近いカスティーリャゾーンから行ってみましょう!


マドリードの南に広がるスペイン中部に位置するカスティーリャ地方。
乾いた大地がどこまでも続く高原をイメージ化したのがこのカスティーリャゾーン。


建築様式はトレード・ラマンチャ地方を参考にしており、
素朴な石積みの窓を持つ建築など、全体に山岳的な雰囲気を描いているそうです。


雨掛かりの部分に石垣が組んであったりと、和洋の違いはあれど、昔ながらの日本のお家とよく似たところも見受けられます!


白い壁と石畳が続く回廊のような通路を奥に進んでいきます!


ほぼ行き止まりの少し開けたところにはベンチと何かよくわからないオブジェのようなものが!


奥から戻って、右に見えるはカスティーリャゾーン最大の目玉!
愛の塔 『Torre del Amor-』です!


この通り階段の脇に『Torre del Amor』って書いてあります!
塔の中には、愛の鐘が吊り下げられており、それぞれの幸せを願う場所として大人気だそうです!

そのためか、非常にカップルが多く、その空気の中写真を撮るなって野暮な真似はできず。。。


外の階段から眺める景色だけをパチリ!
愛の塔 『Torre del Amor-』の中の様子は、皆さまの目でお確かめください!


カスティーリャゾーンからミコノルカゾーンが見える少し広い通りまで戻ってきました!
鮮やかな青い窓枠のお家に真っ白な土壁が眩しいお家!
日本ではあまりお目にかかることのないお洒落な感じが改めて異国情緒を感じさせますね!


そんなところへレトロ調の車登場!
いきなり実車が走ってきてやや驚きもありましたが、街並みに良く似合い車だったので変な違和感はゼロ。
きっとスタッフさんの車なのでしょうが、こんなところへのこだわりも中々のものですね!


そして、矢印の方向へ進めばミコノルカゾーンです!
2018年3月に新たにオープンしたミコノルカゾーンは、ミコノス島やメノルカ島の賑やかな街並みをイメージして作られた街並み。
ただ、一部は宿泊者専用エリアになるとのことなので、今回は行かないことに。

こちらも皆さまの目で直接ご覧いただければと思います!

では次にサルジニアゾーンへと参りましょう!


サルジニアはイタリア本島西側に浮かぶ地中海の島。
美しいビーチが世界中のセレブたちを魅了する人気のリゾート地です。


サルジニアゾーンの建物は屋内、屋外ともに土壁が自由な曲線を描いているのが特徴で潮風が香る海辺の街並みが表現されているそうです。
曲線型の窓にツタ模様のような意匠をした青や緑の面格子を施して外観にアクセントをつけているのも見どころだそうです。

そんなサルジニアゾーンを抜けていくと、離れ小島にひと際目立つ要塞のような建物が!


英虞湾(あご)湾を背にするように立つテラコッタの壁が目を引くその建物、実はレストランなんです!
その名も地中海レストラン「RIAS(リアス)」!
地元志摩産の食材がふんだんに使われている地中海レストラン「RIAS(リアス)」は異国情緒漂うまさにリゾート地のレストランなんです!


そんな「RIAS(リアス)」さんまでの道中も中々の見もの!
志摩地中海村を外からワイドに眺めることができます!

この角度で見るとまたすごいですね!


森と海に囲まれた白壁の洋館を眺めると、本当に日本ではないような気分になってきます!


あ海と空を望む白壁の建物の間から記念撮影!

今更何なんですが、ここ志摩地中海村は、異国情緒漂う白壁の街並みが写真映え、いわゆるインスタ映えするってことで大人気のスポットなんだとか。
実際に来て見て納得です!

そして最後に訪れるはアンダルシアゾーン!

情熱の国スペインを象徴する街並みを持つスペイン南部の地中海に面したアンダルシア地方をイメージしたのがこのアンダルシアゾーン。
その街並みは、スペイン南部のロンダやカサレスの街の建築様式を参考にデザインされたそうです!

オレンジ色の屋根と真っ白な壁が明るく華やいだ海辺の街の雰囲気を醸し出します!


実際の建物の感じがこれ!
紅白の縦じまのテントに柄の入ったタイルの床に真っ白な壁。
二色のオレンジも雰囲気に一役買っていますね!

実はこちらアンダルシアゾーンの中にあるオレンジを丸ごとひとつジュースにしてくれるお店なんです!

ほら、この通り!

看板の通り、オレンジをグリグリして穴をあけてくれます。

ほら、この通り!


1個500円なので、そこそこのお値段ではありますが、この雰囲気の中ビジュアル的にもお子様が大喜びなアイテムです!
もちろん果汁100%!

なので、ちょっと奮発してみても良いかもわかりませんね!

ちなみに大人はコチラなんていかがでしょうか!

ほら、この通り!


イセシマハイボール!そこそこのお値段ではありますが、ご当地グルメなお土産として大人は大喜びなアイテムです!
もちろんアルコール100%!

なんてことはありませんが、お試しにいかがでしょうか!

今回、志摩地中海村を散策して、特に何かを買うわけでも食べるわけでもありませんでしたが、とても楽しめました!
例えるなら、ディズニーランドやUSJなどの大型テーマパークのように、そのコンセプトがしっかりしていて、そこにいるだけで楽しい空気があるからかもわかりませんね!

以上、地中海の雰囲気をリアルに表現する異国情緒あふれる志摩地中海村のご紹介でした!

 

~里山倶楽部は、関西の田舎暮らしに最適な古民家・中古別荘・中古ログハウスの物件をご紹介する
田舎暮らし物件専門の不動産会社、家住楽気(やすらぎ)が運営する田舎暮らしの総合情報サイトです。~

合同会社家住楽気(免許番号:大阪府(1)第61607号)
TEL 06-6210-7035 FAX06-6210-7036
https://www.yasuragi-inakagurasi.co.jp

関連記事

  1. 京都市内の古民家「京町屋杉本家住宅」のご紹介!

  2. 滋賀県大津市にある山王総本山!神の使い「神猿(まさる)」の日吉大社!

  3. 串かつ「味彩(あじさい)」/大阪あびこの創作串カツの名店

  4. 開湯1300年!文人たちが愛した城崎温泉にて外湯巡り!

  5. 道の駅紀の川万葉の里/万葉集に15首も読まれた妹山・背山を望む道の駅

  6. 「大正ロマン館」&郷土料理の「大手新丁」/丹波の小京都、篠山で地元の名物が味わえるお店

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。