らーめん「余田屋」/柚子風味の「銀の馬車道ラーメン」が楽しめる元旅館のラーメン店

店名 余田屋
TEL 0790-34-0006
住所 兵庫県神崎郡神河町寺前30-2
営業時間 11:00~15:00
17:00~21:00
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)
URL http://web.kcni.ne.jp/yodenya.093/

※2017年11月6日現在の情報です。

スタッフのグルメレポート

こんにちは!

里山倶楽部の酒井です。

 

今回は、今や国民食といっても過言ではないラーメンについてのご紹介。

銀の馬車道と呼ばれた、いまだ里山の風景が残る田舎町の名物ラーメンのお店

「余田屋」さんのご紹介です!

photo:01


ちなみに、この余田屋さん、もともとラーメン店だったわけではありません。

当初は明治から続く料理旅館だったそうですが、大阪で歯科技工士をされていたご主人がご実家だった

この旅館を改装して始められたのだとか。

 

そんな店内を見回してみると、あまり旅館だったとは思えない感じ。。。
photo:02

なんて思っていると。。。

photo:03

 

店内の結構目立つポジションに、似つかわしくない階段が。。。

これこを旅館時代の名残り、 だそうです。


店内の不思議な位置にある立派な階段。。。

納得しました。


よく見ると立派な梁も!

photo:04

 

やっぱり旅館だったんですねぇ。


なんて言ってる間にやってきました!

こちらが余田屋名物の「銀の馬車道ラーメン」(730円也)です!

photo:05
「銀の馬車道ラーメン」。。。
名前からはどんな味なのか想像もできません!
一体どんな味なのか?
その謎を解くカギがこちら!
photo:06

黄色の何か柑橘系の皮のような物体。。。

これこそが余田屋名物「銀の馬車道ラーメン」の味の決め手!

柚子の皮!

 

そうです。余田屋名物の「銀の馬車道ラーメン」とは柚子風味のラーメンだったんです!

 

しかも、こだわりはそこだけではありません。

山の伏流水の井戸水を使用して、スープを作り、麺を茹でるというこだわり。

明治初頭、日本最初の産業道路として造られた、生野銀山から姫路(飾磨)港を結ぶ『銀の馬車道』の物語を、

海のしお味、山の柚子、丸く切ったナルトは馬車の車輪に見たて一杯のラーメンに集約したそうな。

 

変な。。。

いやいや、個性的なネーミングにも思わず納得です!

お味の方も個性的!
神河町の名産、柚子のトッピングが、どちらかと言うと、

あっさり味のスープを更に爽やかにします。

今までにあるようで無い、新鮮なお味でした!
オススメです!

実は、この余田屋さん、偶然見つけた訳ではありません。
読売テレビの情報番組「かんさい情報ネットten.」で紹介されていたんです!
http://www.ytv.co.jp/ten/calendar/oaDetail.php?dateList=20131023

ちなみに『はりま”こだわり”の店110選』
にも紹介されています!

photo:08

 

ラーメン愛好家の方には、一度ご試食いただきたい一品です。

以上、柚子風味の名物ラーメン「銀の馬車道ラーメン」の余田屋さんでした!

 

~里山倶楽部は、関西の田舎暮らしに最適な古民家・中古別荘・中古ログハウスの物件をご紹介する
田舎暮らし物件専門の不動産会社、家住楽気(やすらぎ)が運営する田舎暮らしの総合情報サイトです。~

合同会社家住楽気(免許番号:大阪府(1)第61607号)
TEL 06-6210-7035 FAX06-6210-7036
https://www.yasuragi-inakagurasi.co.jp

関連記事

  1. いい旅夢気分!こんだ薬師温泉「ぬくもりの郷」で温泉三昧!

  2. 美山町和泉交差点そばの茅葺き古民家「旅籠つるや」さん!

  3. 麺屋「號tetu(コテツ)」/滋賀県長浜市の濃厚鳥だしのラーメン屋さん

  4. 道の駅「杉原紙の里・多可」/美味しい地鶏「播州百日鶏」が味わえる道の駅

  5. 子どもと家族の笑顔をつくるランドセル!「鞄工房山本」さんのご紹介!

  6. 丹波の里「やまがた屋」の名物うどん!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。