個性あふれるオンリーワンなオーダーメイド畳のご紹介!

こんにちは!
家住楽気(やすらぎ)の酒井です。

さて、今回は畳!

そうなんです!

古民家や日本家屋には無くてはならないマストアイテムである畳のお話です!


こちらはみなさまよくご存じのご当地ゆるキャラのくまモンです!

熊本県が2010年より「くまもとサプライズ」キャンペーンにおいて展開している熊本県PRマスコットキャラクターであり、ゆるキャラグランプリ2011年王者に輝いたくまモンです!

くま「もん」(ひらがな)でなく、くま「モン」(カタカナ)のくまモンなんです!!

別にくまモン自体はそんなに珍しいものではないと思うのですが、
これ、実は畳に描かれたくまモンなんです!


こうして少し引いてみると畳であることが良くわかりますよね。

畳自体の色や畳縁を変えてオリジナリティあふれる畳を制作するのは聞いたことがありましたが、まさか畳自体に絵や柄を施すとは!


ちなみに畳の色を変えたものがコチラ!


そして、ちょっとおしゃれな畳縁がこちら!

では、オリジナルの畳ってどのくらいするのでしょうか?


こちらが価格表その1

で、


こちらが価格表その2!

日本人なら当たり前な畳ですが、そんな畳、実は世界に類のない日本固有の文化なんです!
ちょっと驚きですね!

現存するもので最も古いとされる畳は、聖武天皇が寝台で使用していたといわれる東大寺の正倉院で保管されている「御床畳」(ごしょうたたみ)。

このように、畳はかなり古くから存在してようですが、今のように一般家庭に広く普及したのは意外にも明治維新後と結構最近になってからなんだそうです。

ちなみに、畳の語源は莚(むしろ)・茣蓙(ござ)・菰(こも)などの薄い敷物の総称であったとされる古代の畳が、使用されないときは畳んで部屋の隅に置かれたことから、
動詞である「タタム」が名詞化して「タタミ」になっとのことです。

まあ、何となく想像の範疇の語源でしたね!

ついでに、これからの梅雨の時期、湿気から「畳にカビが!」なんてこともあるのでは?
なんて場合にはこちらをご参照ください!

いかがでしたでしょうか?

最近では随分と畳が利用されることが少なくなってきたと思いますが、日本固有の文化遺産ともいえ畳、これからも大切にしていきたいですね!
以上、個性あふれるオンリーワンなオーダーメイド畳のご紹介でした!

 

~里山倶楽部は、関西の田舎暮らしに最適な古民家・中古別荘・中古ログハウスの物件をご紹介する
田舎暮らし物件専門の不動産会社、家住楽気(やすらぎ)が運営する田舎暮らしの総合情報サイトです。~

合同会社家住楽気(免許番号:大阪府(1)第61607号)
TEL 06-6210-7035 FAX06-6210-7036
https://www.yasuragi-inakagurasi.co.jp

関連記事

  1. 花くじら/大阪市福島区のおでんの名店

  2. 古民家そらcafe/大阪府貝塚市で人気の野菜たっぷり長屋古民家カフェ!

  3. 南山城村農林産物直売所/変わり種の「しい玉焼き」が楽しめる農林産物直売所

  4. 道の駅「美山ふれあい広場」/美山牛乳が味わえるかやぶきの里からほど近い道の駅

  5. 「カレー煮込みうどん」鯱市/みそ煮込みうどんの老舗「山本屋本店」の姉妹店

  6. 道の駅あどがわに架かるダブルレインボーな光景!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。