丹波市春日町に残る歴史ロマン!明智光秀と赤井直正が相対した史跡黒井城跡のご紹介!

こんにちは!
家住楽気(やすらぎ)の酒井です。

さて、今回は大河ドラマ「麒麟がくる」の明智光秀が、丹波の赤鬼と恐れられた武将赤井直正と戦った舞台、黒井城跡のご紹介です!

って、いったいどこに。。。

ちょっとお約束感が否めませんが、黒井城跡は標高356mの猪の口山に建つ立派な山城。
ということで、写真に見える猪の口山の頂上にあるんです!

注意してみると、うっすらと平らになっているのがわかりますよね。

少し移動してやってきました!


国指定の史跡黒井城跡です!

そしてかつての黒井城、赤井直正の居城であったことでも知られています。

黒井城は、丹波国征討のため主君織田信長の命を受け、丹波の赤鬼と称された赤井直正と天正3年(1575年)と天正7年(1579年)
の2度にわたって行われた黒井城の戦いの舞台です。
今は城跡としてお城自体は残っていませんが、本丸をはじめとする山頂の曲輪群は、堅固な石垣で囲まれ、三方に伸びる山稜上に城砦群を配して、
全山を要塞化した城の構えは、戦国期山城の典型として高い評価を受けているそうです。

ちなみにそんな黒井城、ご覧のとおり別名、保月城、保築城と呼ばれています。


そんな名前を彫り込んだ石柱はいいのですが、下の方に書かれてある登山口って?

そうなんです!
天気や時期よっては雲海まで見えるという絶景スポットである山頂の城跡までは車で行けません!

ここからは自分の足で行くしかないんですね。。。
なかなか楽はさせてもらえないようです。。。

ちなみに登り口には2種類ありましてその一つが、


急坂コース!
いかにもしんどそうなネーミング。。。

一応拝見。。。


いきなりの急階段。。。
心が折れそうになります。。。

なるほど、だから近所にはこんなものが。。。


杖ってなかなかですね。。。
でもまあ、見かけないこともないですよね。

そしてもう一つの登り口がこちら!


なだらかコース。

拝見するまでもないでしょうが、一応拝見。


間違いなくなだらかコース!
登山どころかハイキングも素人なので、迷わずこちらを選択します!

では頂上からの絶景を期待して登山スタートです!


少し傾斜はついてきたものの、まだまだ初心者でもラクラク!
足取りも軽く山をどんどん登って行きます!

道中、こんな注意書きを発見!


なるほど。
落石注意なんですね。

確かに自然を相手にするには注意が必要です!

でも、落石ってこれ?


注意してどうにかなるレベルの話ではないですね。。。

落石どころか落岩じゃないの?

まさかのご冗談では?

なんて、つまらないことを考える余裕があったのもここまででした。。。


これ以降道はどんどん険しくなるばかり。。。

なだらかコースって、確かかいてたはずだったのでは。。。


もはや木の根っこが急な坂に合わせた階段のごとく、
山道はさらに険しくなり、出るわ出るわの急な坂。。。

なだらかコースって、確かかいてたはずだったのでは。。。

もはや、このあたりからは思考停止状態。。。

喘鳴音が山中を響き渡ることおよそ15分

ようやくたどり平地辿り着きました!

久々の平地と立派な弁柄の建物に多少感動するも、食いつところまでの元気はわかずでしばしの小休止。。。


年季は入っていますが、結構立派な建物だったん写真を一枚!
ただ、今回の登山で見た建物はこれだけ。。。
よく見れば、下からでも確認することができるそうです。

ようやく動く元気が戻ったので、さらに歩みをすすめたところ、


「石踏(せきとう)の段」っていうのかと、ようやくここで気づくもすでに感動はピークを過ぎておりました。。。

下りの登山家の方に偶然お会いしたところ、このあたりでようやく山の7合目辺りだそうです。
あとちょっと頑張ります!


あと200メートル。。。

もうちょっとかな?
なんて油断すると。。。


再び試練が。。。

でも、ここまで来たら引き返せません!
というか、引き返しても同じ苦労が待つばかり。。。

ならばと、一念発起して再び頑張ります!
ただ、このころにはもう両の膝は笑うどころか大爆笑の状態に。。。


東曲輪跡!


そして三の丸跡!


さらに二の丸跡!

目指す頂はすぐそこです!


石垣の上がこの場所で一番高いところ!

ようやく到着しました!


今回の目的地、黒井城本丸跡です!

それにしても。。。


右を見ても原っぱ。


左を見ても原っぱ。

ほぼほぼ原っぱではありますが、町を一望できる高台に間違いありませんでした!

そんな黒井城の山頂には保月城跡との石碑。


そういえば、入り口の登山道にも「保月城」って書いてありましたので、こちらでは黒井城よりも保月城の方が馴染みがあるのかも知れませんね。

それにしても天気が今一つで残念です。。。


春日町を一望できるパノラマの景色。
ここに立つと、確かに難攻不落の山城だったというのも頷けます!

また先にもご紹介いたしましたが、この城跡からは時期によっては雲海も見ることができるスポットでもあるんです!

さらにこの黒井城跡は、猪ノ口山と呼ばれる山の山頂にあることから、2019年の元日には干支である亥の年男年女が300人ほど訪れた縁起の良い場所でもあるんです!

今回登ったこの黒井城跡の猪ノ口山、成人男性の足なら1時間もあれば十分に登れるかと思いますが、
標高は356mあり、それなりに険しいところもありますので、登山の際にはくれぐれもご注意を!

以上、丹波市春日町に残る歴史ロマン!明智光秀と赤井直正が相対した史跡黒井城跡のご紹介でした!

[史跡データ]
名称:史跡黒井城跡
TEL:0795-70-0819(丹波市役所文化財課)
住所:兵庫県丹波市春日町黒井
営業時間:下記URL参照
定休日:下記URL参照
年末年始:下記URL参照
URL:https://www.city.tamba.lg.jp/soshiki/bunka/kuroijyou.html

 

~里山倶楽部は、関西の田舎暮らしに最適な古民家・中古別荘・中古ログハウスの物件をご紹介する
田舎暮らし物件専門の不動産会社、家住楽気(やすらぎ)が運営する田舎暮らしの総合情報サイトです。~

合同会社家住楽気(免許番号:大阪府(1)第61607号)
TEL 06-6210-7035 FAX06-6210-7036
https://www.yasuragi-inakagurasi.co.jp
 
 

関連記事

  1. 栃生梅竹/高島市朽木鯖街道にある「酢で締めすぎない」こだわりの鯖寿司の名店

  2. 大阪モダン建築の旅!「芝川ビル」編。

  3. らーめん「余田屋」/柚子風味の「銀の馬車道ラーメン」が楽しめる元旅館のラーメン店

  4. キリン一番搾りの「こだわり体験スペシャルキット」を体験しました!

  5. 茅葺古民家カフェ「Cafe Genten(ゲンテン)」/猫に癒される丹波市青垣町の古民家カフェ

  6. 中華そば しま彰/紀の川市貴志川町にある豚骨の旨味が絶品の和歌山ラーメン店

  1. 安田ビル/大阪市西区京町堀にある昭和レトロなテナントビル

    2021.04.11

  2. 美方郡香美町小代区鍛冶屋「鉢伏山を望む眺望良好の古民家」【成約…

    2021.04.03

  3. 山梨県北杜市白州町白須「森に囲まれた隠れ家的ログハウス」【商談…

    2021.04.03

  4. 江戸堀コダマビル(旧児玉竹次郎邸)/大阪市西区江戸堀にある昭和…

    2021.04.02

  5. 大阪市庁舎(大阪市役所)/近畿地方の最大の都市大阪市の市政を担…

    2021.03.13

  1. 大阪府河内長野市美加の台「吹抜と掘りごたつのある和モダンな日本…

    2020.11.05

  2. 山梨県北杜市白州町白須「森に囲まれた隠れ家的ログハウス」【商談…

    2021.04.03

NOW ON SALE!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。