矢場とん/昭和22年創業の名古屋名物みそかつの老舗

店名 矢場とん「名古屋駅名鉄店
TEL (052)563-7373
住所 名古屋市中村区名駅1-2-1 名鉄百貨店本館9階
営業時間 11:00〜23:00 (L.O.22:00)
定休日 元日のみ
URL https://www.yabaton.com/

2019年6月28日現在の情報です。

スタッフのグルメレポート

こんにちは!
家住楽気(やすらぎ)の酒井です。

さて、名古屋名物と言えば、みなさま真っ先に何が思い浮かぶでしょうか?

きしめん?ういろう?
それとも味噌煮込みうどんでしょうか?

そうです!
ご想像の通り、圧倒的多数の支持を得る名古屋名物と言えばやはり味噌かつでした!

今回はそんな味噌かつの老舗「矢場とん」さんのご紹介です!


数ある店舗の中で、今回お邪魔したのは何となく中華風をイメージさせる外観をもつ矢場とん「名古屋駅名鉄店」さんです!

とにかく、文字通りとんかつの命ともいえる豚への感謝の気持ちが強いのかあちらこちら豚ばかり!
例えば入口には否応なく目に飛び込む豪快な豚のオブジェが御覧の通り!


後光というか何というか、光り輝いて神々しくさえ感じます!


椅子に至っても豚のお顔が欄間のように彫り込まれております!


箸袋はもちろんのこと、


箸そのものにも豚のお顔がガツンと印字されているという徹底ぶり!
ここまで行くと返って気持ちいいものです!

そんな豚一色ともいえる店内で待つことしばらくして、ガツンとやってきたのがコチラ!


とにかくでかい!
この豪快なとんかつこそ矢場とんさんの人気メニューのひとつ!
その名も「わらじとんかつ」です!

ちなみに「わらじ」とは、わらでできた履物のこと。
時代劇で出てくるあれのことですね。
そしてこのわらじとんかつは、文字通り「わらじ」と同じサイズをイメージして作られているそうで、
ロースとんかつのほぼ倍の大きさなんだそうです!

実際にかなりのボリュームでした!


肉厚があるにもかかわらず、味噌の味がしっかりしみ込んでいて美味でした!

現在のみそかつといえば、ドロッとしたいかにも赤みそというみそだれをかけるのが主流となっているそうです。
確かに以前違うお店でいただいた味噌かつはそんなだったように記憶しています。

しかし、矢場とんさんでは、初代店主の鈴木義夫氏が、串かつを「どて鍋」(豆みそで煮込んだもつの煮込み)にドボンと浸して食べたという
当時のイメージにこだわり続けていらっしゃるそうで、そんなこだわりが良い意味で味噌っぽ過ぎないのに、しっかりと味の付いた味噌かつに
仕上がっているのかも知れませんね。

矢場とんさんの歴史や味の秘訣については、矢場とんさんの公式ホームページで公開されていますので是非ご覧ください。
結構面白かったですよ!

以上、昭和22年創業の名古屋名物みそかつの老舗、矢場とんさんのご紹介でした!

 

~里山倶楽部は、関西の田舎暮らしに最適な古民家・中古別荘・中古ログハウスの物件をご紹介する
田舎暮らし物件専門の不動産会社、家住楽気(やすらぎ)が運営する田舎暮らしの総合情報サイトです。~

合同会社家住楽気(免許番号:大阪府(1)第61607号)
TEL 06-6210-7035 FAX06-6210-7036
https://www.yasuragi-inakagurasi.co.jp

関連記事

  1. 「銘牛伊賀肉」米井/肉の横綱と名高い三重県伊賀市のブランド牛「伊賀牛」

  2. 伊丹の町屋、古民家!江戸時代後期の佇まい商家「旧石橋家住宅」!

  3. 道の駅丹波おばあちゃんの里/明智光秀や春日局ゆかりの歴史ロマンあふれる丹波市春日町にある道の駅

  4. 元祖たこ焼き「会津屋 本店」/昭和8年創業の大阪名物たこ焼きの元祖

  5. びわ湖!真夏のマキノサニービーチ!滋賀県高島市にて

  6. 京都「里の駅大原」の大原女巻き&南山城「農林特産物直売所」のかやくごはん&丹波「道の駅あおがき」のちらし寿司!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。