「カレー煮込みうどん」鯱市/みそ煮込みうどんの老舗「山本屋本店」の姉妹店

店名 鯱市「錦通伏見店」
TEL 052-223-2531
住所 名古屋市中区錦2丁目16-21
営業時間 11:00〜22:00(ラストオーダー21:30)
11:00〜14:30 ランチ(平日限定)
定休日 下記URL参照
URL http://www.syachi-ichi.com/

※2018年5月5日現在の情報です。
※本文は鯱一大須店ですが、上記は錦通伏見店の情報です。

スタッフのグルメレポート

こんにちは!
家住楽気(やすらぎ)の酒井です。

さて、今回は名古屋と言えば!
味噌煮込みうどんのご紹介です!

と、言いたいところではございますが!

名古屋名物味噌煮込みうどんにも負けず劣らずの絶品グルメ、カレー煮込みうどんのご紹介です!


そんな美味しいカレー煮込みうどんのお店としてご紹介いたしますのはこちら!
カレー煮込みうどんの鯱一さんです!

ただ、写真の鯱一大須店さん、残念ながら惜しまれつつも2018年7月31日をもって閉店となってしましました。。。

が、錦通伏見店さんは現在も鋭意営業中ですので、今回は大須店さんへのリスペクトとしてそのままご紹介いたします!


店内はこんな感じ!
ご覧のとおり町家風の内装です!
恐らく長屋的なお家を改装するとき、その雰囲気をそのまま活かしたのではないかと勝手に推測しております。


そんな鯱一さんのメニューは結構こんな感じ。
チキンにソーセージに、珍しいところでは串カツなんてのもありますね。
トッピングのメニューがかなり豊富です!

それにしても、

「名古屋」&「カレー」&「トッピング」のキーワード、

何か閃くものがありますよね!

そうなんです!
実は、同じカレーの名店として名を馳せる「カレーハウスCoCo壱番屋」!
その記念すべき第1号店は、愛知県西春日井郡西枇杷島町(現在の清須市)にある「西枇杷島店」なんです!

味噌ばかりが注目されると思いきや、実は愛知県、隠れたカレー王国だったんですね!

そんな豊富なトッピングを目の当たりにすると、優柔不断の私にとってはえらい迷惑。。。
悩みに悩んだ末、結局選んだのはこちら!


店長おススメの牛すじカレー煮込みうどんのネギ大盛&味付け半熟たまごのトッピング!

結局人任せ的なオーダーとなってしまいましたが、迷ったときはお店の方のおススメが一番なんですよ!

と、

自分に言い聞かせつつ、しばしの時間待っていると、ついにやってきました!


可愛らしいオリジナルの土鍋が乗ったお盆が目の前にやってまいりました!
早く開けてみたい衝動が抑えきれません!


開けてみるとビックリ!
大盛のネギが、本当にこれでもかというくらいに大量に乗っかっているではないですか!

そんな大量のネギをわっさわっさとかき分けて進んでいくと、ついに出ました!

和風だしでじっくり煮込んだという主役の牛すじがついにお目見えです!
見ただけでもプルっとした触感が期待できて美味しそう!

そんな牛すじを尻目にさらにわっさわっさとかき分けて進んでいくと、ついに出ました!
もう一つの主役、味付け半熟たまごのお目見えです!

醤油が中までじっくりとしみ込んだという手の込んだたまご!
見ただけでもトロッとした黄身が流れ出てきそうで美味しそう!

しかし!

本当の真打とは総じて遅れてやってくるもの!

牛すじをほおばり、味付けたまごを飲み込んだあと、ついにそれはやってきました!


これぞ真打、しっかりとカレーの出汁がしみ込んだ腰のあるうどん麺です!

やはり麺好きの日本人にとっては、どんな麺類であっても麺のうまさそれ自体を味わうものなんです!

と、

某名料亭を東京銀座で主宰する海原〇山先生がおっしゃっていました!

なんて、実はこの鯱一さん、名古屋で有名な老舗味噌煮込みうどん店、明治40年創業の「山本屋本店」さんの姉妹店だったんです!

そのため、麺にももちろんこだわりがあり、
充分に吟味された小麦粉を熟練した職人が、季節、天候等の異なる粉の肌合いを感じとりながら愛情を込めて練り上げ、
独特のコシとシコシコとした張りのある山本屋本店さんご自慢の麺が出来上がるそうなんです!

そんなうどん麺、まずかろうはずありませんよね!

さすが、真打って感じです!


ちなみに名古屋では、グツグツ熱々の煮込みうどんを、このように土鍋の蓋を取り皿代わりにして使うのが本流なんだそうです!

なるほど!だから蓋には蒸気抜きの穴が開いてないんですね!

ひとつ賢くなりました!


以上、みそ煮込みうどんの老舗「山本屋本店」の姉妹店、カレー煮込みうどんの名店、鯱一さんのご紹介でした!

※本文中の鯱一大須店さんは、残念ながら現在閉店ですが錦通伏見店さんは営業されておられます。

 

~里山倶楽部は、関西の田舎暮らしに最適な古民家・中古別荘・中古ログハウスの物件をご紹介する
田舎暮らし物件専門の不動産会社、家住楽気(やすらぎ)が運営する田舎暮らしの総合情報サイトです。~

合同会社家住楽気(免許番号:大阪府(1)第61607号)
TEL 06-6210-7035 FAX06-6210-7036
https://www.yasuragi-inakagurasi.co.jp

関連記事

  1. お食事処「ささゆり」& トルタロッソ製パン販売所/「道の駅あやま」内の名物トヨピッグと伊賀牛たっぷり肉うどん

  2. 西洋御料理 北極星心斎橋本店/風格ある数寄屋造りのオムライス発祥の店

  3. たこ梅本店/大阪ミナミ道頓堀にある日本最古のおでん屋

  4. プロ野球観戦!阪神甲子園球場にて。

  5. 花くじら/大阪市福島区のおでんの名店

  6. 恋多き歌人。平安時代を代表する女流歌人「和泉式部」のお墓を参る。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。