おくどさんと煙抜きのある風情豊かな名張市赤目の古民家

赤目四十八滝で有名な三重県名張市赤目町にある瓦屋根の古民家物件です。長閑な田園と里山の風景に囲まれた自然豊かな立地環境に加え、日帰り入浴が可能な天然温泉「湯元赤目山水園」まで徒歩圏と、まさに日本の情緒が満喫できる田舎暮らし物件です。

物件概要

物件番号 所在地 交通 価格
3101 三重県名張市赤目町柏原 近鉄大阪線「赤目口駅」まで約1.7km 980万円
土地面積:887.86㎡(268坪) 土地権利:所有権 地勢:平坦
建物面積:353.68㎡(106坪) 地目:宅地、他 接道:公道
間取り:9DK+蔵 都市計画:非線引き 現況:空き家
築年月日:不詳 駐車場:有 引渡し:即時
建物構造:木造瓦葺平家建 その他法令:━ 取引態様:
設備:上水:公営 下水:本下水(離れは汲み取り)ガス:個別プロパン 電気:中部電力
備考:敷地内に名張市とポンプ電気設備の賃貸借契約があり、これを引き継ぐことが必要です。

間取り

物件紹介

凛とした空気が漂う土間に静かに鎮座するのはかつて台所の主役だったおくどさん。

その隣には今となっては珍しい薪ボイラーも仲良く並んでいます。今となっては懐かしい時代物ともいえるレトロな逸品。

そんな古き良き日本の風景を残す名張市赤目町の古民家物件。

黒い漆喰の壁に煙抜きのための腰屋根もあって、いかにも年季の入った古民家というのが印象的。

 

梅の花越しにみる古民家も中々のもの。

ちなみに古来の日本では桜ではなく梅がお花見の主流だったそうです。

 

手入れされた立派な日本庭園の中でも一際存在感を放つのはここでもやっぱり梅の木。

来年の見ごろの季節には、どんな花を咲かせるのか今から楽しみになります。

 

苔生した庭石からも深い歴史が感じられるのもいいですね。

こんな何気ないところからも自然の美しさを感じられるのが古民家のいいところなのではないでしょうか。

 

優しい印象を与えてくれる木製の玄関。

古民家であっても金属製の玄関にリフォームされているものが多くなっている今となっては、このような木製の玄関はとても稀少なものになってきています。

 

そんな玄関の傍らには、アンティークと言う以外にない郵便受け。

フェイクでは決して出せない自然と劣化した風合いがまさに侘び寂びを感じさせるってところでしょうか。

 

ここに腰掛けて、あったかいお茶を啜りながらの井戸端会議。

小さい頃、親戚の家でそんな風景を目にしたような。

土間がある家っていうのは、今となっては本当に贅沢な空間を持った家なのかもしれませんね。

 

そんな土間には強面の番人が24時間体制で邪気祓いのお勤め中でした。

こんなところからも日本の文化が感じられます。

 

木と草と土といった自然素材で構成されている和室。

ここにある梁や建具を見ただけで古民家としての風格が感じられる気がします。

そう思わせるほど、本当に和の雰囲気があふれ出ています。

元の広さより何故か広く感じるさせるのもその雰囲気のせいかも。

 

そんな和テイストで彩られた居室の中で、ひと際異彩を放つサイケデリックなフロアの洋室。

それなのに、天井をよく見ると舟底天井。

マッチ?それともミスマッチ?

その答えはあなた次第ってところでしょうか。

 

8寸角はあろうかという欅の大黒柱がその存在感を主張するかのように古民家を支えています。

これだけ立派な材を手に入れるのは、今となっては至難の業でしょうね。

 

貨幣的な価値はわかりません。

でも、わかります。

この古民家にとってはきっと価値のあるものです。

 

夕日に照らされた煙抜きの腰屋根がどこか懐かしさを感じさせます。

「暗くなる前に帰っておいで。」

お母さんからのそんな言葉が聞こえてくるかのようですね。

 

煙抜きから夕日の差し込む屋根裏。

けっこうな高さなので梯子なしには登れません。

でも、そこに立て掛けられる梯子ももまた懐かしい木製品。

古民家そのものもそうですが、やっぱり日本はどこまで行っても木の文化なんですね。

 

京都太秦の映画村かと思わせる立派な蔵。

漆喰の壁に海鼠壁。

古民家のもう一つの主役である土の造形がなんとも言えない雰囲気を醸し出しています。

 

そんな和な雰囲気とは対照的な離れの一室。

カーペットに今となっては珍しくも貴重な布のクロスが張り巡らされた洋室。

 

アンティーク感が半端ない壁紙と照明。

よく見ると天井にも図柄が施されています。令和の今にあって昭和が薫るなんとも貴重なお部屋でした。

 

中庭には、これまた雰囲気のある立水栓が大小2つ並んで立っています。

内の生活と外の生活が楽に過ごせるよう、とても合理的に作られている古民家です。

日本の文化を肌で感じられる、そんな赤目の古民家でした。

MAP

お問い合せフォーム

関連記事

  1. オイスターファーム「山善水産」/鳥羽市浦村のカキ食べ放題のオイスターファーム

  2. お食事処「ささゆり」& トルタロッソ製パン販売所/「道の駅あやま」内の名物トヨピッグと伊賀牛たっぷり肉うどん

  3. 大阪モダン建築の旅!「芝川ビル」編。

  4. 大阪モダン建築の旅!「三木楽器本店(大阪開成館)」編。

  5. 石窯カフェ蕗だわら/石窯で焼く伊賀市の美味しい古民家カフェ

  6. 伊丹の町屋、古民家!江戸時代後期の佇まい商家「旧石橋家住宅」!