美味しいごはんを炊くなら!伊賀焼窯元長谷園さんの土鍋かまどさん!

こんにちは!

里山倶楽部の酒井です。

さて、本日はプロも絶賛!という美味しいごはんを炊くことができる

土鍋のご紹介です!

あまりにも有名なんでみなさんご存知かと思いますが、敢えて言いましょう!

 

伊賀焼窯元長谷園さんの名作「かまどさん」です!

火加減も要らず、吹きこぼれもしない。。。

しかも炊き上がりのご飯は、かなり上位の炊飯器で炊いたご飯に

勝るとのもっぱらのウワサ!

それは人気出ますよね!

さすがですね!長谷園さん!

そんな長谷園さんは、こちら伊賀ブランド認定店。

そのため人気のかまどさんをはじめ多くの伊賀焼を

取り扱っておられます。

こちらは冷ご飯を電子レンジでチンするときの焼き物!

ジンギスカン用の陶板なんてのもありました!

でもやっぱり最後はかまどさんなんですね!

陳列をみても一番いいところ陣取ってますから!

かまどさんのバックにはほらこの通り!

三重ブラン認定証まであります!

由緒正しき土鍋のお釜なんですね!

それにしても長谷園さん。

さすが伊賀焼の窯元です。

いろんなものが焼き物で作られています!

ほら、灯篭のこの通り!

郵便ポストもこんなんです!

園内をうろうろしてても全く飽きないですね!

 

それにしても。。。

この日はあいにくの雨模様。。。

メインの売り場から少し離れたここで雨宿りでもしますか!

こちらの洋館もご覧の通り!

登録有形文化財なんですね!

見たまんまですが、自然と漂う貫禄のようなものを感じます!

中はまるで大正時代にタイムスリップしたかのよう!

年季の入った木製の建具にタイル張りの床。

レトロとはまさにこのことでしょう!

飾ってある調度品も中々の年季!

まあるい灯りにほんのりと照らされて。。。

空気がゆったりと流れているような気分になります!

部屋は全部で3つ。

こちらが手前のお部屋。

そしてこちらが奥のお部屋。

奥のお部屋にはよく見るとかまどさんの姿が!

立派な飾り天井に目を奪われつつここにここにわざわざここに

雨宿りに来た理由を思い出します!

気づきましたか?

レトロな雰囲気の中、あった少し違和感のあった入り口付近のこの自販機を!

じつは、この洋館、大正館といいますが、こちらで休憩がてら

自販機のコーヒーを飲むと得点が付いているんです!

そうなんです!

カップは紙ではなく、こちらで焼いた伊賀焼のコーヒーカップなんです!

こうすると自販機のコーヒーも違った味に変わります!

もちろんお土産にお持ち帰り可能!

しかも親切にお持ち帰り用に新聞紙までご用意くださってます!

そんな大正館には懐かしいといえば語弊がありますが、

懐かしいとしか言いようがないこんなものまで!

レトロ電話に、下のはわかりますか?

これ昔の金庫なんだそうですよ。

小さいのに重厚感がすごいです!

そんな伊賀焼は昭和40年頃までこちらの16連の登り窯で作陶されて

いたんですね。

さすがに今は利用されていないとのことですが、創業から昭和40年ですから

つい最近まで利用されていたんですね。

15日から20日もかけて焚き上げていたとのことなので、ほんと大仕事ですね!

そんな登り窯も今やお勤めを終えて国登録有形文化財として、新しいお仕事に励んでいる

ってところでしょうか。

そんなこんなで、丸一日かけて楽しんだ長谷園さん。

当初の目的はきちんと果たしました!

そうです!

ついに我が家にやってきました!

マイかまどさんです!

さすが新品!

黒光りする胴体が美しいですね!

上蓋と中蓋と土鍋本体。

つやつやです!

これからどんな風に成長していくのがとっても楽しみです!

そして肝心のご飯の炊きあがりは!

またの機会にご紹介しますね!

以上、土鍋かまどさん&伊賀焼窯元長谷園さんのご紹介でした!

[店舗データ]
店名:伊賀焼窯元「長谷園」
TEL:0595-44-1511
住所:三重県伊賀市丸柱569
営業時間:下記URL参照
定休日:下記URL参照
URL:https://www.igamono.co.jp/index.html

関連記事

  1. 伝統の杉原紙発祥の地!多可町加美区の杉原紙研究所のご紹介!

  2. 開湯1300年!文人たちが愛した城崎温泉にて外湯巡り!

  3. 秋の味覚をゲット!京丹波の黒大豆枝豆のご紹介!

  4. 里山の風景。田園を望むJR山陰本線「船岡駅」。

  5. 忍者の携帯食、伊賀の名品「養肝漬」を食す!の巻

  6. お土産はプリッツ!三田のグリコピアに行ってきました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。