味噌煮込みうどん「まことや 天白店」/名古屋名物グルメの味噌煮込みの名店

店名 味噌煮込みうどん「まことや 天白店」
TEL 052-801-8007
住所 名古屋市天白区保呂町1819
営業時間 11:00~15:00
17:00~21:00
定休日 月曜日(月曜日が祝祭日の場合翌火曜日)
URL http://www.makotoya.biz/

※2017年10月13日現在の情報です。

スタッフのグルメレポート

こんにちは!
里山倶楽部の酒井です。

 

今回は、少し足を延ばして名古屋を訪ねてみました。

名古屋と言えば「今でしょ!」
じゃ、なくて「味噌でしょ!」

・・・

少し懐かしいのでお忘れかもわかりませんが、
「今でしょ!」の林先生は愛知県名古屋市千種区出身なんですね・・・

と、いうわけで、お目当ては名古屋名物のこれでした!

 


名古屋名物味噌煮込みうどん!のご紹介なんです。

 

見事な土鍋の中には、これまた見事な味噌煮込みうどんが!

美味しそう!

 

そしてさらにはこれ!

見てください!この見事な海老天!

味噌の出汁を吸ったてんぷらの衣がこれまたたまりません!

 

名古屋には、美味しい味噌煮込みうどんのお店が軒を連ねていますが、個人的には

こちらのお店がオススメです!


「味噌煮込みうどん まことや天白店」さんです!

 

では、なぜまことやさんが個人的にオススメなのかと言いますと、

それは麺の硬さと出汁の味付けのバランスが絶妙だからです!

ほんと 「すごく美味しい」!


関西ではあまり馴染みがない、八丁味噌の濃い出汁に少し硬めの麺がとても良く合います。

「味噌煮込みうどんは味が濃い」とのイメージがありますが、決してそんなことありません!

 

確かにやや濃い目ではあるのですが、全然そう感じさせない味のバランス感。

秀逸です!

 

それもそのはず、まことやさんには素材や技術に大変なこだわりが!

まず、ふっくらとしたまろやかな味の八丁味噌は、味噌煮込みに一番合うように
660余年の伝統を誇る岡崎「まるや」の八丁味噌を蔵元帝国醸造の豆味噌を合わせたもの。

そして、麺は味噌煮込に相性抜群の国内産小麦の風味豊かな、
グルテンの伸びが冴える志賀製粉の「かもめ」を使用。
さらに、この「かもめ」を、味噌煮込独特のコシを出すため、
真水のみで打つ伝統の技術で手打ち麺に仕上げる。

などなど。。。

数え出せばキリがありません!

 

ひとつひとつの味へのこだわり。

その結晶がこの味噌煮込うどんの「味」を仕上げているんですね。

 

先ほど、個人的な好みとご紹介しましたが、もちろんほかのお店もテイスティングしたうえでのお話です。

老舗の味噌煮込みうどん店、山本屋総本家さんにもお邪魔したことがあります。

そのうえで、麺がかなり硬めの山本屋総本家さんよりも、やっぱりまことやさんくらいの硬さが好きでした。

 

どちらがお好みかは、ぜひみなさまの舌でお試しくださいね!

以上、味噌煮込みうどん まことや 天白店のご紹介でした!

 

~里山倶楽部は、関西の田舎暮らしに最適な古民家・中古別荘・中古ログハウスの物件をご紹介する
田舎暮らし物件専門の不動産会社、家住楽気(やすらぎ)が運営する田舎暮らしの総合情報サイトです。~

合同会社家住楽気(免許番号:大阪府(1)第61607号)
TEL 06-6210-7035 FAX06-6210-7036
https://www.yasuragi-inakagurasi.co.jp

関連記事

  1. 滋賀県大津市にある山王総本山!神の使い「神猿(まさる)」の日吉大社!

  2. 道の駅「ウッディ京北」/川と木々に囲まれた自然豊かな道の駅

  3. フレンチレストラン「a la louche ~ア・ラ・ルーシュ~」/大阪あびこの名フレンチレストラン

  4. 観音山フルーツパーラー/創業明治四十四年、六代続く農園が運営する和歌山県紀の川市のフルーツパーラー

  5. 堂の浦 鳴門本店/鯛塩ラーメンと鯛釜めしが絶品の徳島県鳴門市にあるラーメン店

  6. 奥丹 南禅寺店/京都市左京区南禅寺目の前の老舗湯豆腐店

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。